2005年10月24日

事件

実は、伊豆に行く途中で事件が起きたのです。

海老名でちょっと休憩して、再び車に乗り込んだ途端、ピンが狂ったように左前足の肉球を舐め始めたのです。
舐めながら自分でパニックを起こしてヒーヒーハーハー。
立たせてみたら左前足をつけません。
「どーしたのっ?!!」
私も真っ青。
マウンテンドッグランどころじゃありません。
でも引き返すよりは行っちゃったほうが早いので、ホテルに電話して近くの動物病院を教えてもらい、そこに向かいました。
しばらくしたらちょっと落ち着いてパニックは治まったけど、ときどき思い出したように足の裏を舐めながらヒーヒー。
でも触っても痛がらないし、左前足に全く力が入らないわけではないから骨に異常はなさそうです。
トゲでも刺さったのかなー。

とにかく急いで病院へ。

そこで第二の事件。
病院に着いたらまだ他の患者犬の診察中で、しばらく待たされそうだったからちょっと一服しようとエンジンをかけたまま3匹を車の中に残して人間だけで車の外に出ました。
一緒に飛び出そうになったバーディーを押し込んで慌ててドアを閉めた直後、カシャッと鈍い音。
「あっ!バーディーがロックした!」
ドアは開かない・・・。カギは車についてる・・・。
うそーーーっ!!!

外で慌てふためいてる私たちを見て、中の三匹も大騒ぎ。
「どうする?」
「どうするったって・・・」
「JAFしかないか。」
幸い私は自分のバッグを持ってたので、携帯はある。
お財布に免許証と一緒にJAFカードも入ってるはず、と思って探してたら、ウィーーーーーーンって窓が開いたのです。
ピンが窓開けたーっ!!!さすがピンは天才だ。

偶然とは言え救世主となったピンを褒めちぎり、そのまま抱いて病院へ。

抱いたまま獣医さんに状況を説明したら、「じゃぁちょっと下ろしてみてください」と言われて恐る恐る床に下ろしました。
あれ・・・?
スタスタ普通に歩くピン。

「なんともなさそうですね。」
「で、で、でも、さっき車の中では必死で舐めてたし、ぜんぜん足つけなかったんです。」
獣医さんはピンの左前足のオモテもウラもじっくり見て、握ったり動かしたりしながら
「痛そうじゃないですね。熱持ってないし腫れてもいないし、痒いのかな?」
「はぁ・・・」
「見るからに相当な甘えん坊さんだから、大袈裟なのかなー?」
「はぁ・・・」
「レントゲン撮るほどの症状じゃないし、このまましばらく様子を見たら?」
「はぁ・・・」
納得できない私がもう一回歩かせてみたら、左前足がちょっと爪先立ちになりました。
「ほら!これ!!これです!」
「あーなるほどー、気にしてますねー。でも痛くはなさそうだから違和感がある程度でしょう。車に乗るときにちょっとひねったのかな?」
「はぁ・・・」
「とりあえず今日のところはこのままで大丈夫でしょう。」
「実はこれからマウンテンドッグランに行く予定だったんですけど、やめたほうがいいですよね?」
「大丈夫じゃない?様子を見ながら遊ばせてみて、何かあったら明日も10時から病院やってますからまた来ていいですよ。」
「はぁ・・・どうもありがとうございました。」

不安は消えなかったけど、病院から出るときも普通に歩けたので、マウンテンドッグランには行くことにしました。
エディとバーディーは遊ばせてあげたかったし、ピンはダメそうだったら抱っこしてればいいや、と思って。
いざとなったら明日も病院は開いてるって聞いてちょっと心強かったし。

いざドッグランに入ったら、ピンも元気に走る!走る!
私のほうが冷や冷やしました。
楽しくて痛いのを忘れて走っちゃって悪化するのも怖かったから、最初のうちはときどき抱っこしたんだけど、どう見てもなんともないみたい。
見よ、ピンのこの華麗なマーキング姿を!
1022-04.jpg

その後もなんともありません。なんだったんだろ。
人騒がせなピンさん。

まさか旅先で病院に行くことになるとは思いませんでしたが、伊豆高原の別荘地らしくウッディーでかわいらしい病院でしたよ。

【日記の最新記事】
ニックネーム みい at 12:00| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが・・・PIN&EDDIE&BIREDIEさん。みいさん達には悪いけれど、ゲラゲラ笑っちゃいました。状況が笑えて、親の顔が青くなったり赤くなったり変化して。それにしても、PINさん何でもなくってよかったですね。しばらく、マウンテンドッグラン行っていないので行きたいなぁ。
Posted by YUKA at 2005年10月24日 22:57
ハラハラしながら、途中まで読んで、
あとは、ゲラゲラ。

やってくれるよ、三男バーディー、
さすがしっかりもの長男ピン兄ちゃん。
で、次男エディは、”俺は関係ないよ〜”なのね。

三兄弟の性格がよくでてて、大笑いでした。

でも、ピン兄ちゃんなんでもなくてよかったね。

Posted by ゆき at 2005年10月25日 00:21
>YUKAさん
まさに、青くなったり赤くなったりでしたよーぅ!
出だしがこんなで、今回の旅は不吉だわーって
不安になっちゃったけど、その後は何事もなくてホッ。
マウンテンはピディバディは楽しそうですごく
いいんだけど、私は結構ハラハラドキドキなの。
ちょっと離れるとまったく姿が見えなくなっちゃうんだもん。

>ゆきさん
んもー!みんなヒトゴトだと思ってー!
笑い事じゃなかったのよーぅ!
今となっては笑えるけどね。(*^▽^*)
ピンは窓開けたことですっごく褒められたから
今度から車乗る度に開けちゃうかも?
気をつけなきゃー。
Posted by みい at 2005年10月25日 09:25
ピンさんなんとも無くて良かったね〜。
さすが長男というか、トンちゃんのパパだね。
トンちゃんも自分で車の窓開けるんだよ〜。
勝手にボタン押して窓開けて、自分の首が出る高さになったら足をボタンからはずすの。
絶対に偶然じゃないのよ。
だって窓閉まってるときしかボタンに足かけないし、開いたら足どかすのよっ!
ホントなのよ〜。
さすがピンさんと親子だわ〜。
Posted by 岩石粘土母 at 2005年10月25日 12:57
珍道中お疲れさま〜(~ _△_)~ギャハハ!
ロックしちゃったバーくん、窓を開けたピンさん、
次は首を窓に挟まれるエディくん???
の三段落ちかと期待(いやいや失礼)ヒヤヒヤしながら読みました。
最近思うんだけど・・・
PE家の頃と路線が随分変わったよね!?
誰のせいとはとは言わないけど(爆)
Posted by けいな at 2005年10月25日 17:19
>岩石粘土母ちゃん
さすがトンちゃん!ピンの息子♪
エディママは絶対そんな器用なことできないよ。(^▽^;)
ロックとクレ坊はできるぅ〜?
Posted by みい at 2005年10月25日 21:08
>けいなちゃん
首を挟まれるエディ・・・
いやーん!怖すぎー!!
でもエディさんね、松之郷の柵の隙間に
首挟まって抜けなくなったことあるよ。(^^;)

ぎくっ・・・
路線変わった?やっぱり?
そそそれはBのせいかしら〜?
Posted by みい at 2005年10月25日 21:13
良かったね〜何事もなくてさ〜!
あまり笑ってしまったからお父さんが起きて来て・・・しっかり説明してしまいました。
うまくおさまったから笑えたけど・・・これが一歩間違えば大変なことになっていたね。
実はルビーも窓を開けるの・・・。
まだ少し暑いからとエアコンをつけて鍵をロックして・・・ちょっと買い物をして戻ると・・後ろの窓全開!
これにはびっくり!
でも幸い後ろは半分しか開かないから良かったものの・・・飛び降りたり連れてかれたら大変なことになっていたわ〜!
ピン君と血がつながっているのを実感しました。
それから窓もロックすることにしました。(車においていったのが悪いんだけどね。)
Posted by スコルビママ at 2005年10月25日 23:56
>スコルビママ
そんなに笑ってもらって嬉しいやら悲しいやら。(^▽^;)
窓全開?!!さすがルビーちゃん。
外から美味しい匂いがしたのかしら〜?
ピンも窓のスイッチを偶然踏んじゃったことは
これまでもあったんだけど、ウィン!ってちょっと開くと
びっくりして飛び退いてたから、ウィーーーンって
思いっきり開けてくれたのは初めてだったのよー。
結局閉じ込められてたのは2〜3分かしら。
こんな危険もあるんだーって、勉強になった事件でした。
Posted by みい at 2005年10月26日 08:17